「福岡正信」タグアーカイブ

不耕起移植栽培の稲つくりは秋から始まる

不耕起移植栽培の稲つくりは秋から始まる

 

秋に稲刈りが終わると、

乾燥、脱穀、保管・・・。

 

これで1年の田んぼの作業が終わる!

と思うのは大間違いです。

 

不耕起栽培では、稲刈り後の田んぼの作業から、

翌年の稲つくりが始まります。

 

稲刈り後のわらを田んぼに返すのは、

コンバインなら、稲刈りと同時ですが、

手刈りの場合は、

はざ干し脱穀が終わったわらを

田んぼに返す作業から始まります。

 

米ぬかの散布もこの時期です。

 

その年の田んぼの状態や稲の状態から、

米ぬかの散布量を決めます。

 


 

ミネラルを撒くのもこの時期で構いませんが、

絶対に、この時期でなければならない

ということはありません。

 

手順が先ではなく、

来年の稲つくりに必要なことが優先です。

 

 

田んぼの畦の修理や、

水が抜けの防止、暗渠の埋設。

 

冬期湛水をするなら、

水の確保の準備もこの時期からです。

 

全国各地の様々な条件の田んぼで、

作業が、同じ時期が良いとは限りません。

 

マニュアル人間になって、

マニュアルを見て手順を追う人は、

稲を見ていません。

田んぼを見ていません。

 

自己流農法でうまくいかない人には、

手順ばかり追いかけるタイプが

多いように思います。

 

 

秋までの稲姿の推移や田んぼの様子が、

その年に足りなかったことを教えてくれます。

 

それを基準に、秋からの作業を始めましょう。

 

種もみの用意や保管も、

秋のうちに行わなければいけませんね。

 

年明けから苗つくりの準備を

 

年末から年始にかけて、

次の苗つくりの準備を始めましょう。

 

不耕起移植栽培では、

苗つくりに40~70日を要します。

 

苗つくりが重要なのは、

芽が出てから数日で、

稲の体質が決まってしまうからです。

 

病害虫に強く、太く大きく、粒数の多い稲。

 

有効分げつがしっかりとれる稲を

育てるには、計画を立てるのが第一です。

 

苗つくりと稲つくりの計画を立てましょう。

 

塩水選、温湯消毒またはエンザー液の準備、

浸種の準備も年明けから行いましょう。

 

うるち系かもち系かで、段取りが異なります。

 

品種特性によって、浸種の期間も異なります。

 

手抜きをしないで、ここはきっちり

やれるようにしてくださいね。

 

苗づくりも、ハウスを使うのか、苗代か、

トンネルを使うのかで準備が異なります。

 

最高最低温度計は、複数個用意しておきましょう。

⇒ 最高最低温度計1

⇒ 最高最低温度計2


 

多少の誤差があることもありますから、

確認しておきましょう。

 

ビニールなども、早めに注文してきましょう。

 

春先は雪や雨によって、

予定の作業が進まないこともあります。

 

田植えから逆算して、計画を立ててくださいね。

 

スポンサーリンク

冬期湛水水田と緩速ろ過の浄水場 その2

 

緩速ろ過の浄水場の仕組みは生物ろ過

 

水道水を作る方法に、

緩速ろ過(かんそくろか)方式という

仕組みがあります。

 

約200年前にスコットランドで、

緩速ろ過方式の前段階の、

ペーズリーろ過法式が生み出されました。

 

当時のイギリスは、産業革命の影響で、

人口が都市に集中し工業化が進み、

河川が汚れていました。

 

ロンドンを流れるテムズ川の水で

実験が行われ、緩速ろ過方式は

1829年、ほぼ完成されました。

 

当時は、砂でろ過ができると、

考えられていたようで、

slow sand filtrationと呼ばれていました。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

日本には、5521の浄水場があります(平成24年)。

 

最も多いのが地下水をくみ上げして、

塩素を入れている消毒のみの方式です。

 

次が化学処理による急速ろ過方式で1783、

緩速ろ過方式は、548か所もあるんですよ。

 

日本で緩速ろ過の浄水場が作られるように

なったのは、明治時代です。

 

東京の淀橋浄水場も日本で2番目にできた、

緩速ろ過方式の浄水場だったのです。

 

日本でも、緩速ろ過の仕組みが理解されておらず、

砂でごみや雑菌を取り除くと思われていました。

 

 

ところが、緩速ろ過の本当の仕組みは、

水の「生物ろ過」だったんです。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

ですから、未だに厚生労働省の

浄水場設置や運営の規定は、

生物ろ過を活かすものになっておらず、

戦後から改善されていません。

 

塩素を入れることなどを決めた水道法も、

GHQによって作らされた法律です。

 

塩素を入れる必要が無い緩速ろ過の水も

家庭の蛇口で出る時、

塩素が入っていなければならない、

塩素濃度の規定など問題だらけのままです。

 

それでも、日本中に稼働中の

緩速ろ過の浄水場があることは、

素晴らしい財産です。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

緩速ろ過の浄水場では、

沈殿槽で水の中のごみを落とし、

砂を敷き詰めたろ過槽に水を移して、

ゆっくりした速度で移動させます。

 

微小昆虫や微小生物による

食物連鎖が起こります。

 

小さな生きものが

より小さな生きものを食べます。

 

クリプトスポリジウムのような原虫、

病原性大腸菌などの病原菌も

食べられていなくなります。

 

小さな生きものの糞は、

砂の目を通りろ過槽の底に沈みます。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

水の中の窒素、リン酸、カリや、

ミネラルを含む栄養分も

藻類や植物プランクトンが吸収します。

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

ろ過池に増えるメロシラという藻類は、

砂の上を覆って、砂の目詰まりを防止します。

 

メロシラや植物性プランクトンは、

光合成をおこなって、水中に酸素を放出します。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

この酸素は、砂の中に住む微小生物に、

消費されているのです。

 

生きものが活動する温度と水深、

水の速度でろ過の効率が変わります。

 

こうして、何も含まず腐ることもない、

生で飲めるおいし水を

生きものろ過で作ることができるのです。

 

冬期湛水水田と緩速ろ過

 

緩速ろ過の日本で唯一の研究者

中本信忠先生と、

初めてお会いしたのは、

2003年の春でした。

 

当時、中本先生は信州大学の

応用生物科学科の教授でした。

 

写真提供:中本信忠
写真提供:中本信忠


 

不耕起移植栽培の田んぼに来ていただき、

中本先生から緩速ろ過の仕組みをお聞きして、

私たちは、大変びっくりしたのです。

 

緩速ろ過で水を生物浄化する仕組みが、

冬期湛水水田で見てきた状況と

そっくりだったのです。

 

 

 

どうやら、田んぼは

水を浄化しているらしい。

 

冬期湛水により、

水の浄化がさらに進むらしい。

 

ずっと考えていたことが、

中本先生の話を聞いて、

本当だという確信を持ちました。

 

 

田んぼの取水口では

水が少し生臭くても、

田んぼの水が臭うとは感じません。

 

田んぼに入れる水が、

いつも透き通っているとは限りません。

 

川が雨などで濁っている時には、

パイプラインの蛇口から出る水は、

濁っていることがあります。

 

 

けれども田んぼの水は、

濁っていないのです。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

すり傷や切り傷があっても、

田んぼの水に触れて、

破傷風などの病気になる話を、

聞いたことがないんです。

 

 

生きものろ過は、

すごいと考えるようになりました。

 

 

生物ろ過の仕組みがわかると、

改めて、文献や資料を読み直し

新たな視点が生まれました。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠緩速ろ過


 

中本先生の緩速ろ過の研究成果は、

浄水場の管理規定が古いため、

日本の緩速ろ過の浄水場では、

あまり活かされていません。

 

 

しかし、アジアやアフリカでは、

中本先生の指導で、

緩速ろ過装置が設置され、

生水が飲める地域が増えました。

 

 

私には、福岡正信さんの粘土団子が、

世界の砂漠を緑化していったことと、

ものすごく重なるんです。

 

資料提供:中本信忠
資料提供:中本信忠


 

関連記事

⇒ 生きものが田んぼの水を浄化する 冬期湛水水田と緩速ろ過の浄水場

 

スポンサーリンク

肥料過多は稲が倒れる(倒伏)の原因になるのか?  

 

田んぼで稲に肥料をたくさん与え過ぎると、

稲が倒伏するという話があります。

 

そのようなコメントもいただきましたので、

説明しておこうかなあと思いました。

 

確かに、思い当たることが肥料の入れすぎでは、

ということもあるでしょう。

 

肥料の入れすぎかどうかは、

稲の色を見ればわかります。

 

肥料を田んぼに撒きすぎていて、

チッソが効いていると、

稲の色は青が濃くなります。

 

肥料が切れてきている場合や、

稲が枯れ始めていれば、

稲の色は黄色っぽく緑の色が褪せてきます。

 

 

稲刈りの時期に、稲の色が濃いかどうか?

 

稲の色にかかわらず、

倒れる稲と倒れない稲があります。
(写真比較)

 

Photo by Natsuko Takehara
 

同じ日に撮影した写真ですが、

この比較は極端な例で、

中間の色でも倒れる稲はあります。

 

黄色い稲は、

すでに老化し劣化しているように見えます。

 

稲刈り前に根が傷んできている

可能性があります。

 

肥料が効いて、

色が濃くても、背が高くても、

倒れない稲もあるからなんです。

 

肥料が切れていたり、枯れ始めていて、

倒れる稲もあるわけです。

 

肥料の入れすぎが

倒伏の直接原因だとするなら、

肥料が切れてきている稲が

倒れることと矛盾します。

 

 

肥料過多は、

倒伏の要因の一つになりますが、

直接原因ではありません。

 

 

維管束が発達していない、

茎が細いという原因がある時、

肥料過多で、いつまでも茎が伸び上がると、

肥料過多が倒伏の要因に加わります。

 

維管束?? 維管束といわれても

わかんないよ?という人もいますよね。

 

維管束は栄養を運ぶ

血管みたいなものです。
葉脈や茎の切り口に見える

スジといわれるものは、

維管束が通っているところです。

 

2927f8c10926521ff3bc6fba3e1b4b0b_s
 

af802f149b1b4f5b4bdfba03c8d90a16_s
 

植物には骨が無いので、

細胞壁を作るセルロースが、

身体を支える構造になっています。

 

セルロースは、

光合成で作られる炭水化物から合成されます。

 

稲の場合は、光合成で、

でんぷんとスクロースという糖をつくるので、

スクロースからセルロースを

合成するのではないかと思います。

 

光合成をおこなうのは葉緑体なので、

稲の場合は、

葉と鞘葉が炭水化物製造工場です。

 

茎が太くなるために

維管束が発達するかどうかは、

炭水化物製造工場の面積が、

広いかどうかに

影響されると考えられるわけです。

 

では、工場の面積が決まるのはいつ?

と考えると、

苗の時ではないかと考えられます。

 

苗の時、葉(葉身)と葉鞘だけが

炭水化物製造工場なの?

 

茎は・・・?

 

苗の時、稲には茎が無いんです。

茎に見えているのは、

葉鞘がくるりと巻いている所なんです。

 

葉鞘と言うのは、葉の一部分なんです。

 

ですから、苗の時に葉(葉身)と葉鞘が、

炭水化物製造工場として機能しています。

 

単子葉植物は、苗の時の体質が、

大人になるまで維持されることが多いです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

 

稲には、ほかにも面白い性質が

いろいろあるんです。

 

たとえば水稲(すいとう)と陸稲(おかぼ)。

 

昔は畑でも稲を育てていました。

 

稲は、根の構造を変えて、

水中でも陸でも育つんですよ。

 

だって、苗の時は、水苗代(みずなわしろ)ではなく、

水を散布しての育苗が多いですよね。

 

photo by Natsuko Takehara
 

ハウスの中で水かけをして育てている苗は、

陸稲の構造の根を持っているんです。

 

スポンサーリンク

倒れる稲と倒れない稲 台風で倒れた稲は、なぜ倒れたのか? その2

茎が細くなる原因は何か?

 

倒れる稲には、第4~第6節間が細く伸びあがっている、

という特徴があることが分かったかと思います。

 

稲の茎が太くなるか、細くなるか、

どうして決まると思いますか?

 

Photo by Natsuko Takehara
 

茎の太さは維管束の数で決まります。

 

維管束というのは、シダ植物と種子植物が持つ、

水や栄養分を運ぶ管のことです。

 

 

根から吸い上げた水や栄養分を全身に運び、

葉の光合成で作ったでんぷんを全身に運ぶ、

そういう役割をしています。

 

 

ですから、茎の維管束は、枝分かれして葉や穂にも続いています。

人間でいえば、血管みたいなものなんです。

 

維管束がわからない人には、

葉脈だよというとわかりやすいかもしれませんね。

 

2927f8c10926521ff3bc6fba3e1b4b0b_s
 

葉脈の中に維管束が通っているんです。

 

葉脈は堅いイメージがありますよね。

 

 

稲に維管束ができるのは、初芽して、葉が伸び出してくるときです。

 

その時は、稲にはまだ茎が無いのですが、

苗が太いほど維管束が発達し、数も多くなります。

 

 

維管束の「維」は、繊維という意味です。

 

維管束は細胞壁が発達してつくられた、

パイプラインやチューブのようなもので、

固くて丈夫なんです。

 

稲がしっかり立っていられる理由は、

維管束の数が多く、細胞壁が固くてしっかりしているからなんです。

 

 

植物の体には骨がない代わりに、

ひとつひとつの細胞壁が、身体を支えています。

 

 

細胞壁はセルロースで出来ています。

 

 

セルロースは固い繊維ですが、

グルコースという糖が沢山連結してできているんです。

 

つまり、光合成で作られたでんぷんからできたのが、

細胞壁というわけです。

 

細胞のうちでも維管束は特に、

細胞壁がしっかりしているわけなんです。

 

 

セロリの茎を切ってみると、

維管束がよく見えますよ。

 

写真はルバーブの切り口です。

維管束が見えますよね。

 

af802f149b1b4f5b4bdfba03c8d90a16_s
 

苗の時に、光合成をさせる期間が長く、

温度があまり高くなければ、

維管束が発達するのです。

 

維管束が発達していない稲は、

苗の時に、やわらかく細いということになります。

 

穂が作られた時にできる茎が細くなる原因は、

苗の時に維管束を十分に発達させていないからと考えられます。

 

葉鞘の中にできる茎が細くなってしまうんです。

 

 

肥料のやりすぎで稲が倒れるのか?

 

上記のような維管束の説明をしても、

稲の倒伏について説明すると、

肥料のやりすぎで倒れるんでしょうか?と、

質問される方がいます。

 

ここで、すでに私と質問者との間に、

ボタンの掛け違いが起きているんです。

 

 

私は、維管束がたくさん作られる体質は、

苗の時に作られるという説明をしているのですが、

質問されている方は、田んぼに植えられてからの、

肥料の量で倒伏が起こるのでしょうかと質問しています。

 

 

もちろん、要因として全くないとは言えませんが、

どちらかというと、二次的要因になるんです。

 

維管束がしっかりと固く丈夫にできていて、数が多ければ、

田んぼで育つ稲の茎が太くなります。

 

 

肥料欠で、分げつが減りますが、茎がそれほど細くはなりません。

 

 

一方、肥料過多の田んぼ、肥料のやりすぎの場合は、

茎が細い体質のまま、背丈が伸びるんです。

 

その結果、第4~第6節間が細くなり、

倒伏の原因になるわけです。

 

ですから、肥料が多いことは、二次的要因です。

 

 

維管束が発達し数が多く、苗が太ければ、

田んぼに移植した後も、稲は葉鞘を太く巻きます。

 

見た感じは、田植え後の稲の茎が太いように目ますが、

これはまだ茎ではありません。

 

幼穂ができて茎ができた時、出来た茎は太くなります。

 

穂首(ほくび)を観察すれば、茎が太いか細いかわかります。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

茎が太ければ、例え、肥料過多で稲の背丈が伸び続けても、

倒伏しないで、台風でも、よじれる程度で済むわけです。

 

チッソ、リン酸、カリの割合が悪いのでしょうか?とか、

バランスや割合をきちんとしなければいけないのでしょうか?

と考える方もいるようですが、

土の中に入れた肥料の成分割合を、

机上の理論でコントロールできると考えないほうが良いと思います。

 

田んぼには水があります。

 

排水したり、入水することで、

土に含まれる肥料分量は常に変化しています。

 

 

チッソ、リン酸、カリの割合が、倒伏に関係するならば、

米ぬかや穀物粕、魚粕などの有機質を使った場合、

割合がきちんとしていないから、

倒伏につながるという理論なのでしょうか?

 

 

「ドネベックの桶」を今一度勉強し直してほしいと思います。

 

 

稲という植物を生きものとして見て欲しいと思います。

 

 

たとえ、成分割合がきちんとわかっている化学肥料を

田んぼに多く入れたとしても、

茎が太いか細いかで、倒伏するかしないかの違いが、

起こってくるからです。

 

 

最近は、一発肥料を使う農家の方が増えました。

 

これだと、田植えの時の側条施肥だけで、

肥料撒きが済んで楽だからです。

 

 

ただし、農協の言うとおりに注文して、

毎年撒けば、肥料過多になることは間違いないと思います。

 

 

どうしても一発肥料を使いたいなら、

田植えの2カ月前に、少な目に撒いておくことをお勧めします。

 

 

稲を見ない稲作り

 

茎が細いことで稲が倒れる場合は、

苗の時に維管束が少なく細いことが原因だとしたら、

あなたの育てている苗はどうか、よく観察してみてください。

 

稲の苗を良く観察したら、

今度は田植えの時の苗の様子、

田植え後、1週間後、2週間後、1か月後の姿を、

良く観察してください。

 

あなたの稲は、どんな風な姿や色で、

どんな葉の長さで育っていますか?

 

 

稲を見ないで、首振り農業をしている人が多いんです。

 

首振り農業というのは、

周りの人が作業を始めたら、自分もはじめる、

どこかで話を聞いてきたら、

自分の田んぼや稲にとって適期かどうかを見極めないで、

聞いてきたことをやってみるという農業のやり方です。

 

 

自分が育てている苗はどんな苗なのか、

隣とどう違うのか、観察することもしないのです。

 

 

自分の田んぼの稲と自分の田んぼの稲がどう違うかも、

観察しないでいるわけです。

 

 

稲を知らない稲作り

 

今、農家の人でさえ、稲のことを知りません。

 

稲を見ないし、田んぼにもほとんど入りません。

 

そんな実例をお伝えしましょう。

 

 

田植えの時の話です。

 

田植えの手伝いに行ったところ、

田んぼにたっぷりと水が入っていました。

 

朝一番に、パイプラインの蛇口を開けたのでしょう。

 

一方、その家で育てた苗は、

とても短い苗でした。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

種まきの時期が遅くなってしまったそうです。

 

短い苗をたっぷり水が入った田んぼに田植えしたら、

全て水没してしまいますよね。

 

でも、そんなことを考えてもいないわけです。

 

 

すぐさま、私は、水を止めて暗渠(あんきょ)の栓を抜いて、

排水するように言いました。

 

 

田植えを頼まれて田植機を持ってきた人も、

時間つぶししなければならなくなりました。

 

ある程度水が抜けたので、田植えを始めましたが、

水は地面が見えるまで抜き続けてもらいました。

 

 

いつ水を入れたらよいかとの質問に、

3~5日後に入れてくださいと伝えました。

 

 

「どうして、田んぼに水が無い方がいいんですか?」という質問。

 

 

私の答えは、次のようなものでした。

 

皆さんが育てた苗は陸稲(おかぼ)の苗です。

水苗代やプール育苗で育てた苗は、水稲(すいとう)の苗です。

 

陸稲の苗の根には通期系が無いので、

新しい根が出るまでは水が少ない方がいいんですよ。

 

根が土をつかんでから、水を入れていけば、

新しく出る根は、水稲の根に変わっていきますよ。

 

 

この家の田植えの苗は、ハウスの中に育苗箱を並べ、

灌水しながら育てたものです。

 

種もみが発芽する時、初めに芽が出ます。

 

根は後から出ます。

 

根の表面の内側には皮層組織という細胞の集まりがあります。

 

 

水の中で苗を育てていると、

皮層組織の細胞が壊れて穴が開き、

酸素を通気する穴ができるんです。

 

この通期系を破生間隙(はしょうかんげき)といいます。

 

 

ところが、陸稲には、この通期系の穴ができません。

 

稲の根が水を張った田んぼで、育つのは、

この穴、破生間隙が根っこにできるからなんです。

 

ハウスの中で、灌水しながら育てた苗には、

破生間隙が無いんです。

 

 

ですから、田植えの時に、水にどっぷりつけると、

今まであった根が死んでしまいます。

 

今まであった根が土をつかんで、3日ほど根を張る頃、

新しい根が出て来るので、その時に水を入れてやれば、

新しい根に、通気系ができて来るんですよ。

 

これについて、いまだに新しい文献を見つけられていませんが、

今迄あった細胞が壊れて破生間隙を作るのは、

アポトーシスではないかと思っています。

 


破生間隙についての説明は、

『不耕起でよみがえる』に書いてあります。

 

 

スポンサーリンク

倒れる稲と倒れない稲 台風で倒れた稲は、なぜ倒れたのか? その1

なぜ、稲は倒れるのか?

 

2016年の関東の稲刈り時期は、

雨や台風で、天候が悪いために稲刈りが遅れました。

 

稲が倒れた田んぼも多くありました。

 

 

Photo by Natsuko Takehara
 

台風や大雨で倒れる稲と倒れない稲、

何が違うと思いますか?

 

 

稲が倒れてしまうと、穂が田んぼの土にまみれ、

もみの中のお米まで傷んでしまうことや腐ることもあります。

 

 

雨が続く間に穂が発芽して、お米にならなくなることもあります。

稲の穂が田んぼの中で発芽することを、

穂発芽(ほはつが)といいます。

 

 

今年に限らないのですが、

毎年秋に、あっちこっちの田んぼを観察していると、

毎年のように、稲が倒れている田んぼもあります。

 

なぜ、その田んぼでは、毎年稲が倒れるのでしょうか?

なぜ、倒れないようにしないのでしょうか?

 

 

稲が倒れることを倒伏(とうふく)といいます。

 

倒伏する原因は何か?

 

 

答えは、簡単です。

稲の茎が細いから、弱いからです。

 

穂ができて頭が重くなると、

立っていられなくなるからです。

 

それに雨や台風が追い打ちをかけるからなんです。

 

 

この動画には、不耕起栽培の田んぼと慣行栽培の田んぼが、

映っているのですが、違いが判るでしょうか?

 



 

細い茎の稲を育てるから、倒れてしまう。

 

太い茎の稲を育てれば、多少のことでは倒れないし、

よじれ、かがんでしまっても、自分の力で起き上がってきます。

 

 

もちろん、稲が倒れるのに、

他の要因が無いわけではありません。

 

細い茎の稲を育てている以外にも、

原因になることはいくつもあります。

 

例えば、

田植えの時に苗を浅植えしている

稲刈り時期に茎や根が傷んでいて稲が弱っている

田んぼの硬盤(こうばん)が無く、土が深くでやわらかい。

 

これらも、稲が倒れる原因になります。

 

稲が倒れるのには、必ず原因があるというわけなんです。

 

 

稲が倒れるほど米が良く穫れる

 

新潟のような米どころでは、

稲が傾くほど良い、たくさん穫れるとも言われています。

 

穂が重くなり、籾がたくさんついているから、

稲が傾いているほうが、収穫量が多くなるというのです。

 

なるほど、と思いませんか?

 

Photo by Natsuko Takehara
 

同じ面積で、お米が沢山穫れれば、

その分だけ売り上げが増えるんですから、

稲作農家の気持ちとしては、たくさん稔らせたいですよね。

 

 

単純計算してみましょう。

 

米1俵(60kg)が、1万2千円で、

農協や問屋に売れると仮定しましょう。

 

10アール当たり8俵のお米が収穫できたら、

9万6千円の売り上げだという計算になります。

 

11俵を収穫できれば、13万2千円の売り上げです。

 

同じ面積で、同じ経費をかけて、労働力を使って、

10アール当たり、3万6千円の差は大きいですよね。

 

 

穂ができるまで稲には茎が無い

 

穂ができるまで、稲には茎がありません。

 

タケノコの皮のように、葉っぱの下の部分、

葉鞘(ようしょう)といわれるところが筒状に巻いていて、

それが重なって茎のように見えているだけなのです。

 

次の写真はすべて、茎がまだない状態の稲なんです。

 

photo by Natsuko Takehara
 

photo by Natsuko Takehara
Photo by Natsuko Takehara
 

穂の赤ちゃん、幼穂(ようすい)ができた時に、

初めて、幼穂の下に茎が作られます。

 

写真の幼穂は、約2週間目です。

あと2週間で出穂(しゅっすい)、開花になる状態です。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

穂が育つのと一緒に茎や葉が育ちます。

 

穂ができた後は、新しい葉っぱが出ると、

新しい茎の節(節)が増えます。

 

この節と節の間のことを節間(せっかん)といいます。

 

穂が成長し伸びてくると、節も増えるわけです。

 

収穫までの見てわかる節の数は5~6個ぐらいになります。

 

茎が細いために倒伏する原因は、

後からできた第5、第6節間が細いことが原因です。

 

 

写真の稲の下の方の茎を良く見てください。

右の4本の方は、途中から茎が細くなっています。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

第4、第5節間から細くなっているんです。

 

第5、第6節間が細くなっているより、

状態としては、さらに倒伏しやすい状態なんです。

 

第4節間が細く伸びあがっているということは、

幼穂形成期に、かなり強く肥料が効いているということです。

 

 

一発肥料を使うことが多くなると、

肥効が長続きするので、

生殖成長期に入っても、稲は背丈を伸ばすからです。

 

そのため、穂長も、比較的長くなるようですが、

田んぼで与えている肥料が、

倒伏型の稲に育て上げているというわけです。

 

遺伝子操作で、倒伏しない稲の品種を開発しても、

肥料のやり方、選び方では、

倒伏型になると言えるかもしれません。

 

スポンサーリンク

トウガラシのナンプラー漬けを作りましょう

山菜の株の移植は肉体労働で

 

午後から、じいやと山菜堀りでした。

 

ゼンマイは株が大きいので、二人がかりで掘るも、

結構な肉体労働でした。

 

Photo by Natsuko Takehara
 
ワラビも掘ったけど、

じいやが掘ったのはシダではないかと・・・。

 

野菜がまだまだ高いです

 

夕方、野菜を買いに行きました。

農家直の仕入れの店でして、とってもお安いです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

それでも、まだ高いものは高いですね。

 


夏~秋の台風のせいで、被害にあった野菜も多く、


収穫しても、流通段階で溶けてしまう野菜も多かったんですよ。

 

だから、流通の側も、確かな商品以外は、

仕入をしたくないので、流通量がうんと少なくなり、

価格も高騰してしまうんです。

 


流通や生産現場に通じていると、


今年の雨の被害のことが良くわかります。

 


私の大豆のさやが、黒く枯れていたように。


葉物野菜は、雨の被害で溶けやすくなってたんです。

 


北海道の根菜や豆類も台風10号被害で収穫できる量が減り、


やっと西から関東の葉物や、ニンジンなどが出てきた様子でした。

 


出始めの物は高く、少しすると激安になります。


そのへんが、都会のスーパーと違うところです。


ニンジンのSの袋詰め、


玉ねぎのLM3個入りは100円切っていました。

 


葉物はまだ高いですね。


 

トウガラシのナンプラー漬けをつくりましょう

 


可愛いトウガラシを100円で買いました。


 

Photo by Natsuko Takehara
 

辛いかと思ったらちっとも辛くないのです。


私は辛いのが好き!


激辛はちょっと引きますけどね。

 

辛いトウガラシの生冷凍があるので、

それと一緒にナンプラーに漬けました。

 

Photo by Natsuko Takehara


ビンの底の方に辛いトウガラシ(カット)をいれて、


その上に買ってきたトウガラシを入れて、ナンプラーを注ぎます。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

Photo by Natsuko Takehara
 


ひと月ぐらい置くと、トウガラシの味が溶け出して、


ナンプラーに香りや辛みが加わります。


これをチャーハンや炒め物にかけると美味しいのです。


 


是非試してみてくださいね。


 

普通のお醤油にトウガラシを漬けても、

美味しいですよ。

 

こちらは、豆腐や厚揚げ、焼き魚にも、

チャーハンや炒め物にも、煮物にも・・・。

 


ビンと、出来たら移すためのボトルは100均です。


 

Photo by Natsuko Takehara

トウガラシが浮くので、


ビニールに水を入れて重しにしてあります。

 


お漬物などを作る時も、ビニール袋やペットボトルに入れた水が、


重しに使えて便利ですよ。

 

スポンサーリンク

秋の収穫 大豆(枝豆)と落花生 新鮮だから美味しい!

10月も中旬になり、

昨日は天気が良かったので、収穫日和でした。

 

大豆と落花生を採りました。

 

 

Photo by Natsuko Takehara
 

写真の大豆は、左から丹波白大豆、青大豆、極小千石大豆です。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

丹波には白大豆と黒大豆があるんですよ。

どちらも大粒で味も良いです。

 

枝豆でも食べるのですが、丹波黒大豆の枝豆は、

甘みがあっておいしいんですよ。

 

 

もちろん、乾燥した後のお豆も味が良いです。

煮豆で甘くしてしまうのがもったいないぐらいです。


私はもっぱら茹でて、塩とオリーブオイル、


または醤油かけて、食べてしまいます。

超簡単だしね。


丹波は晩生なので、これからまだ枝豆いけます。


真ん中の青大豆ですが、

畑に植えた青大豆は色の濃いものと薄いものと2種類と、

鞍掛まめという、少し平たい大豆で、

牛や馬の鞍みたいな大きな黒い丸が、

鞍が乗っているみたいに背中についています。


 

これらは信州や東北でよく食べるひたし豆の類です。

 

極小千石は見てのとおり、小豆より小さい黒大豆です。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

ごはんに炊き込んだりお茶にしたりするんですよ。

 

9月は雨が多くて、大豆の枝の写真でわかるように、

身が入らずに黒く枯れた実も多かったです。


しかも、早生は9月に枝豆で食べられるのに、


1週間たっても2週間たっても実が膨らまなかったんです。


大丈夫かな~?と思っていたら、10月になって、


何日か日が差しただけで、まるまると膨らみました。

さすが、太陽の恵みはありがたいね。

お日様に感謝ですね!

 


普通、大豆も落花生も種を畑に蒔いて育てますが、


私はすべて苗を作ってから畑に移植しています。

 

大豆は摘芯断根して挿し木をして、苗を仕立てます。

 

今回は、直接畑に挿し木をしたものもあります。

 

落花生は、種を蒔いたとたん、あるいは芽が出てすぐに、

鳥に食べられてしまうことが多いので、苗にしてから植えています。

 

落花生は、苗を植えるのが遅くなってしまい、

しかも雨が多かったので、実が余りつきませんでした。

 

そのかわり、大粒が多い。

掘るのは大変じゃないから得した気分。

 

近くの畑で落花生を栽培した、

園芸大学校の人達は、収穫ゼロだったらしい。

 


私の中の良い人が、「何を勉強したんだか?」と話していたけど、


作物をうまく育てるのは、1年で簡単にできるとは限りません。

 

天気には翻弄されるし、

コツをつかむのに何年もかかることもあるんです。

 

農業をやりたいとか畑をやりたいとか、

そういう気持ちは大事なことなんですが、

結果を早く求めすぎる人が多いと思います。

 

そういう考え方の人は、農業や週末ファーマーには、

向いていないと思ってあきらめてください。

 

農家の人達、新潟の戸邊さんも同じことを言います。

 

 

1年で1回しか体験できないことも多いんです。

 

習うより慣れろ! 慣れるためには動け!経験しろ!

なんですよね。

 

頭で考えていたって、体は動くようにならないんです。

 

身体を動かし体で覚える。

これが経験や勘を養うことになるんです。

 

戸邊さんのところに教えて欲しいと言ってくる人の多くが、

自分に自信たっぷりなのに、

全然体で覚えようとしないで、見ているだけ、

家でも練習していない。

 

特別な生産物を栽培している農家は、

ど素人に手を出されるのも、手伝われるのも嫌います。

 

手伝わせてくださいではなく、練習させてもらえませんか?

というのが筋なんですよ。

 

落花生もいっぱい掘りました。

 

できちゃったものね~。茹ったもんね~。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

茹でらっかと枝豆、なう。

 

落花生とても甘いです。

茹で加減というか、塩加減というのか、その辺で味が変わります。

 

新鮮な落花生を多めの塩で20分ぐらい茹でるんですが、

固すぎず柔らかすぎないタイミングで、

甘みがギュッと強くなるんですよ。

 

冷凍する場合は、少し固めでお湯からあげてしまいましょう。

食べる前に湯通しするとおいしく食べられますから。

 

Photo by Natsuko Takehara

枝豆は2種類あります。

上は青大豆、下が丹波黒大豆。

 


大きさや厚みの違いを分かっていただけると嬉しいな。


こんなにちがうんだって。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

丹波黒大豆は中身が少し黒っぽい豆になってるでしょう?

 

そして、さやの違い。

だだちゃまめもそうですが、丹波も毛深いのよ。

 

枝豆を贅沢なお味噌汁にする方法があってね。

さやの両端を切り落として、おみそ汁に入れる。


豆からの味がお味噌汁にしみ出るんだけど、豆を食べないの。


味噌スープだけすする!

 


でも、枝豆で食べたほうがおいしいと思います。


食べた~っていう満足感がありますもんね。

 

では、いただきま~す。




天気を見ながら落花生、掘らなくちゃね。

 

 

そうそう、山菜の移植もしないといけない。

こちらは、穴掘りの土木作業に近くなるかな?
スポンサーリンク


86歳のおばあちゃんと88歳のじいやのほっこりさせられるほのぼの風景

先週なんですけど、ほのぼの風景です。

 

86歳のおばあちゃんと88歳のじいや。
畑仕事をしているおばあやんに,

じいやが声をかけて・・・。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

久しぶりに会ったので立ち話。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

私はじいやのアッシーです。

 

 


おばあちゃんはアロエを挿し木で増やして、


たくさんの鉢に増やしたのです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

おばあちゃんの健康法はアロエの葉肉を食べること。

 

じいやにアロエを分けてくれたました。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

こんなかわいいおばあちゃんになりたいな。

 

スポンサーリンク

フロントガラスにひび、ボンネットに死——死 稚拙すぎる! 警察の対応にも???

良いことだらけ、忙しすぎて楽しい

10月上旬の1週間でしたが・・・。

 

金曜の夕方に、庭に停めてあった車のフロントガラスにひび、

よくよく調べると、ボンネットの先端にいたずら書きの

傷が付けてあるのがわかりました。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

私は敵が多いのは、重々承知ですけどね。

 

あまりに稚拙な行為ですね。

 

行き止まりの路地の途中にあるうちの庭まで来てやるんだから、

当然この辺のことを良く知っている町の住民でしょう。

 

 

数年前にも、庭で車のボンネットに、

薬品がかけられていました。

 

この町の中に、そういうことが平気な人が、

住んでいるということです。

 

ホントは町の人たちが、

恥じなくてはいけない出来事です。

 

田舎だから許される、無視できることではありませんが、

ともすれば田舎では、やった方よりやられたほうの

悪口を言うことで満足する人が要る物です。

 

 

 

駐在署へいくと「被害届を出すことはできるが・・・。」

「・・・はわかりました。私は被害届を出したいんです」

 

・・・の繰り返しで、最終的にやっと被害届を、

翌日、私の家に届けてくれることになったんです。

 

指紋を取る云々は何も説明など聞きませんでした。

 

 

家のそばまで戻って来たら、すぐ近所のとうちゃんが、

警察が指紋を取ってもらえるはずだから、聞いてやるよ。

と地元の警察署に電話をかけてくれました。

 

電話で聞くだけのつもりが、警察署は、

「すぐに向かわせます」との回答。

 

 

数分後、駐在からは私に電話が入りました。

 

当然、この事件のことで電話をしてきたんだと、

私の方は受け止めますよね。

 

ところが言っていることがどうもおかしいんです。

 

 

私たちが警察署に駐在の悪口を言ったと、

思い込んでいるらしく、

こちらの意に無いことをまくしたてます。

 

「そういうことは言っていませんけど」

「そういうことは思っていないので、やめていただけないですか」

こんな時に被害者への配慮ってないのかなあ?

 

さらに私の電話で、とうちゃんに、

「署の方は宿直しかいないから、行ける人がいない」

「明日、自分が行くから」と話している。

 

「今から来る」と言ってみたり、「明日行」くと言ってみたり、

どうなってんの?

 

 

警察に警察官を向かわせると言われたものだから、

父ちゃんの家の前で、外でずっと待っていたけど、

一向に来ないので、電話をかけてみました。

 

「お待ちしておりますけれど?」というと、

まだ、向かわせていないらしく、うろたえた様子。

 

他の事件が入って云々と言い訳していました。

 

1時間以上たって、来た警察官も、道路端で、

明日駐在が来て確認して、被害届用紙を作って持ってくる、

指紋を取ると言っています、駐在が言った通りですの繰り返し。

 

 

会話にならないで、向こうが一方的に話す状態。

 

警察署は、すぐに向かわせると言いましたが、

来た警察官たちは、何しに来たんだろうか?

 

駐在の伝言を伝えに、わざわざ来たのでしょうか?

 

そのためだけに警察は、警察官を向かわせたのでしょうか?

 

とうちゃんが、上司らしき警察官と離れたところで話をし、

戻って来てはじめて、

とりあえず車を見ましょうとなったんです。

 

車を一通り確認して、庭を見たら、上司の方の警察官が、

「農業をしているんですか?トラクターがある。

あれは苗箱ですよね?」とちょっと口調が変わりました。

 

「いえ、農業をしているというわけではないですが、

畑を少しやっているぐらいですけど」と私。

 

 

警察官「農業大学とか出ているんですか?」

 

先ほどまでと違い、ようやく会話になってきました。

 

「農業大学ではないですが、東京の大学の農学部は出ています。

私は農業技術の指導者をしています。

私は東京の人間です。

東京の人間に警察署は宿直で来られないという、

うそは通用しませんから」

 

ご心配してくださる方もいると思いますが、

私はこのくらいのことではへこまないですから、安心してね。

 

車はしょっちゅう路地や垣根でこすってるからさ(( ´∀` )

 

 

それより、何かあったら110番すること。

 

警察に必要があり電話したい人がしていいんだよ。

たまに、職場の職務や権威を

自分自身のものだと、勘違いしている人もいます。

 

そういうのは、やっぱり録音しておくと良かったなと思います。

 

警察の問題ある言動は、文書で公安委員会に

苦情申し立てを提出して、改善を求めることができます。

 

田舎では事なかれ主義、小さなことには目をつぶるけど、

問題意識が低いとか、法律で定められたことも、

全ての自治体に通達が来ているはずのことも、

役場の人でさえも知らないことがあります。

 

他人がどういおうと、アドバイスを聞くのはいいけれど、

自分がどうしたいのかは、自分で決めるものだと思います。

 

こういうことがあったことで、日頃後回しにしていた、

庭の防犯も、再度、考えるきっかけになりました。

 

防犯カメラが安くなっているのは知っていたけど、

主人に言われてはじめて、カメラ付きのドライブレコーダーも、

数千円で買えるってわかったし。

 

指紋ってこういうふうに探すんだという

現場を見ることもできました。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

写真は、駐在さんが試しにビンに、

私ととうちゃんの指紋で、指紋鑑定したもの。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

もしかしたら?
駐在さんも初めてやったのかもね。

 

普段やってないなら、私が駐在所へ行ったときに、

被害届と指紋鑑定がセットで頭に浮かばないと思うから。

 

 

どんなマイナスからでも学びはあるものです。

 

前向きに考える癖をつけましょう。

 

スポンサーリンク

宇宙からのメッセージは日常にあふれている

大杉神社に不耕起栽培のお米を奉納しようとしたら

 

大杉神社にお米を奉納。

最適な瞬間に時間を調整してくれる不思議なお話です。
9月の大杉神社の月例会の日の早朝、

不耕起栽培のお米を作ってくれた人から電話がありました。 



大杉神社の月例会に行く日だろうから、

神様にお米を差し上げてきてほしいとのこと。

 


確かに、私とその人が偶然出合ったのは、大杉神社で、


そのあと、スピリチュアル系の仕事を一緒にやることになりました。


 

まったく私には感謝が欠けている、私は抜けていると思いました。




お米をギフト箱に入れたのですが、どうも頭が重くて、


思うように動けないでいました。


11時前には、余裕を持って着かなければいけないのに、


遅刻ギリギリ。

 


御祈願受付所にお米を預ける際、


今から始まるご祈祷には間に合わないので、

次の時間になりますとのこと。

 

あわてて、本殿に入り、他の方と合流しました。



月例会では、ご祈祷に参加させていただき、


その後、宮司さんのお話を聞き、直会(なおらい)をします。



直会は、神様の撤下のお神酒(この神社では夢酒という梅酒)と、


神様の撤下のお米をいただきます。

 

おかずは参加者の持ち寄りです。




 

ご祈祷中に気がついたのですが、

神様に奉納されるお酒などには、のしが付けてあります。

 

奉納と書いて、奉納した人の名前も書いてあります。


経験がないのは確かですが、


今までそれを、何度も見ていたのに、

お米を用意するときに、気がついていなかったのです。



 

直会を抜けて、12時からのご祈祷に受付へ行くと、

12時はお申し込みが無いので行われないとのこと。

 


この日は、お天気は雨で、
仏滅だから、

神社に来る方も少なく、申し込みが無ければ、

ご祈祷は行われないのです。



なんだか、これは、お米のお清め、奉納を

今日は、やってはいけないのか?なという気がしました。


 

のしを付けてないので、明日でもよいでしょうか?

のしを用意して出なおしましょうか?と受け付けで聞くと、

付けてこない人もあるので、

その場合はこちらで書きますとのこと。



 

直会が終わり、代表の宮司さんを囲んでおしゃべりしていると、

若い宮司さんが、今、お申し込みがあったので始めますよと、

2時ごろに、呼びに来てくださいました。

 


直会が始まる直前に月例会に来られた方が、


ご病気で、ご祈祷を申し込まれていたのです。


そのおかげもあり、


無事に、この日に、お米をお清めして、

奉納していただくことができました。



なぜ、すんなり11時に奉納できなかったのか?

 

私が月例会に行くのは、代表の宮司さんのお話が、

毎回、学びがある内容で、成功法則の話につながるからです。


しかも、なぜか私がその時に必要としていることの


ヒントが、毎回あるんです。


この宮司さんが来てから、神社はどんどん、


素晴らしい建物やお部屋ができたそうです。

 


今、建設中のトイレも、せっちんの神様のレプリカが置かれ、


各部屋に素晴らしい絵が施されるそうです。

 


原画を見せていただきました(ピンぼけ写真だけど)。


Photo by Natsuko Takehara
 

Photo by Natsuko Takehara
 

まだ現在は、観光バスはあまり来ないのに、

今から、運転手さんの休憩室も作るそうです。

 

観光バスの事故が多いから。


大杉神社にたくさん観光バスが来るようになったら、


せめてここで、30分でもゆっくりできるように、

シャワールームやマッサージチェアも設備すると語られます。

 

これって、引き寄せの法則を実践していると思うのです。

 

いつもは、時間前に神社に付けるのに、

今日はどうして、なかなか家を出られなかったのか?

 

用事があったわけでもありません。

 

偶然にも、11時に間に合わない上、

12時も13時も、ご祈祷が行われませんでした。

 

じつは、この世の中に偶然はありません。

全てのことは必然的に起こります。

 

ですから、見えないエネルギーが働いて、

14時に時間調整が行われたように感じました。

hokkyokusei2
Photo by Natsuko Takehara
 

家に帰って来てから考えました。



仏滅というのは、仏教に関係はなく六曜という歴注で、


神事とつながりもある陰陽道にあるもの。

 

では、なぜ、午前中はだめで、2時は良かったのか?

 

歴注は旧暦につけられたものだから、暦にヒントがあるのかな?

 

歴注とは暦に付けられる運勢とか吉凶の判断のことで、

陰陽五行からもきている、古代の統計学がもとです。

 

陰陽五行を自然哲学という解釈もありますが、

占いや天文学的な出来事の傾向の解釈は、

統計学で出したものなのです。

 

歴注は、六曜(ろくよう)、十二直(じゅうにちょく)、

二十四節、七十二候と細分化されます。

 

調べてみると、この日は六曜が仏滅、

二直が除(のぞく)、

二十四節が寒露(かんろ)となっていました。

 

寒露は太陽黄径195度の日をいいます。

 

太陽高黄径とは、地球から見た天を球に見立て、

太陽が天を移動する通り道の座標のことです。

 

時間によって座標が移動するわけです。

 

調べてみると、この日の11時は太陽黄径194.9974度

 

まだ、二十四節の寒露に、

なっていなかったことがわかりました。

12時、195.0386

13時、195.0997

14時、195.1208

 

14時は0.1ポイント寒露に入った座標です。

 

もしかして、本来の座標は4桁なのかもしれないです。

 

0と1の使い訳があるのだとしたら、

PCの2進法の世界みたいですね。

 

宇宙の仕組みは量子力学で解明されているけれど、

波と素粒子の0と1の世界です。

 

なんだか、関係がありそうに思えます。

 

六曜の仏滅の本来の意味は空(くう) 物滅 

空の状態から新しいことが始まる、又は、始める日

0の状態が仏滅の日です。

 

十に直の除(のぞく) 

障害を取り除く、祓い清めや祭祀をすると良い日

こちらも0の状態の日です。

 

二十四節の寒露 

霜になる前に露が集まる 何もない所から新しい事が始まる

0から1になる日のようです。

 

001がカウントされた時が14時という解釈ができます。

 

暦や歴注のことは良く知らなかったのですが、

歴注が良好に重なるように、何かの力が働いて、

どうも、時間調整をしていただいたようです。

 

感謝です。

 

hokkyokusei2
 

私は時間調整が起こり、この時間でなければ会うことが無いような

偶然のご縁ができたことが何度かあります。

 

電話をかけたら、相手が私の話をしているところだったとか、

十秒違えば会うことが無かったぐらい大混雑している

自動改札や地下通路で、旧友と一緒になったなどが、

私の人生では良く起こります。

 

 

たぶん、宇宙からのメッセージは、

日常にあふれているのだと思っています。

 

スポンサーリンク