山の斜面の山菜を全部採っていいと言われました!

今週のすごい出来事は、山の斜面に生えている山菜、

タラの木、わらび、ワラビ、サンショの木などを、

地主さんから、好きなだけ採って良いと言われたんです。

 

少し苗を採っても良いですか?と言いに行ったのがきっかけです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

春、断って、食べる分だけ山菜を採っていました。

 

春に向けて少し畑で育ててみたいので、

山菜の苗を貰いたいと、じいやと地主さんを探しに行きました。

 

 

どこに行けば会えるか?

 

まず、仕事場であるハウスや納屋や田んぼ、畑のどこか。

 

農家の人を携帯電話をかけて捕まえるのは、

仕事中だと難しいんです。

 

お昼時とかなら可能ですが。

 

 

ハウスへ行ったら、たまたまお嫁さんに会えたので、

どこの田んぼにいるのか聞きました。

 

 

その田んぼへ探しに行くと地主さんは畦草刈りの最中でした。

 

ね。携帯を鳴らしたって聞こえないわけなんです。

 

 

地主さんが気がついてくれるまで待つこと数分。

 

休憩がてら、話をしてくれました。

 

 

その時に、お願いをしたわけです。

 

山菜の苗を少し採っても良いですかって。

 

そうしたら、全部採っていっていいよという回答だったんです。

 

 

山菜が採れる4月末から5月、

地主さんは田んぼの準備や田植えで大忙しです。

 

 

その時に、どこの誰だかわからない人たちが、

山菜採りに来ます。

 

 

もちろん、私みたいにいちいち、採って良いですかなんて聞きません。

だって、毎年採っているんですから。

 

 

しかも山菜採りに夢中になると、一か所では物足りなくなって、

あっちこっち、他人の土地に入り込むようになります。

 

 

山菜のことを、無主物といいます。

持ち主のいない自然のものという意味です。

 

 

ところが、国有林以外の土地は、誰かの土地なんですよね。

 

たまに、タケノコ採りの季節に、もめ事が起きています。

 

勝手に他人の土地でタケノコ採りをしていたと、

地主さんに文句言われたり、警察を呼ばれたりして・・・。

 

 

ほんとうは、この地主さんも、面白くなかったんですよね。

 

自分が忙しい時期に、暇な人が自分の土地に入り込んで、

山菜を根こそぎ持って行くのが。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

全部刈って木の苗を植えようと思っているというのです。

 

 

そういえば、ずっと前は杉の木が生えていて、

それを全部倒した後に、山菜が生えたんです。

 

だから、いずれは杉の苗を植えるつもりだったはずです。

 

 

刈る前に早くとっていけというんです。

 

今まで山菜取りをしていた人たちはがっかりするでしょうね。

 

でも、一言でもあいさつし、声をかけてから採っていたら、

どうだったんでしょうか?

 

何も変わらないかもしれませんね。

 

 

他人の土地だから、山菜が無くなっても、

地主さんの気持ちを知ることもなく、

木を植えたんだ、残念だねで終わるんだろうと思いますけど。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

その日の夕方、またまたじいやを乗せて、

車でじいやの知り合いの家へ出かける途中、

神社のお掃除をしている母ちゃんと出会いました。

 

 

大きな木の枯葉を掃除していたんです。

 

まるで、私のために集めているみたいでした。

 

私は、山菜の移植場所に敷く、落ち葉が必要だと思っていたから。

 

 

私は母ちゃんに声をかけました。

 

この落ち葉、掃くの大変ですね。

 

これ、もらっても良いですか?

 

 

もちろん、持って行って良いと言ってもらえました。

 

まだまだ、落ち葉は出るから。

 

毎月のお参りの日に、落ち葉だらけじゃみっともないから、

掃き集めておくから、持って行っていいよって。

 

 

私は、自然の恵みの山菜をすっかり刈られてしまう前に、

枯らしてしまわないうちに、移植しないといけません。

 

知り合いの畑のすみっこを借り、植える場所の草を刈りました。

まだ、体力が戻っていないので30分で休止。

 

 

休みながら、山の斜面へ行き、雑木林にもぐります。

 

 

タラの木、ゼンマイは根が浅いので比較的取りやすかったです。

しかも、このところの雨で、土も柔らかでした。

 

大変だったのはゼンマイ。

株が大きくて、根が張っていました。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

私も泥まみれでしたが、車の中はもうどうしようもありませんね。

当分、どろどろでしょ~~。

 

 

Photo by Natsuko Takehara
 

もちろん、全部が根着くかどうかはわかりません。

 

でも、残したいよね。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

あっちこっちに仮植えしてして根付けば、

来春、どこか、移す場所を考えようと思います。