オードリーのように生きる

誰でも生き方は選べる

 

誰もが女優になれるとはかぎりませんが、

なりたい自分になることはできるんです。

 

心の在り方、仕事や家族への姿勢や思い、

前に出る勇気、戦う勇気、捨てる勇気、

全ては自分の選択です。

 

笑顔を絶やさないこと、家族を愛すること、

自分の進む道に必要なら、

言葉の選び方や話し方だって変えることができます。

 

オードリーの人生や映画の

ストーリーに学んでみてはいかがでしょう。
Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン

本名:オードリー・キャスリーン・ラストン

国籍:イギリス

出生:1929年5月4日 ベルギー(ブリュッセル・イクセル)

逝去:1993年1月20日(享年63歳) スイス(トロシュナ)

映画・舞台で女優として活躍、ユニセフ親善大使

映画賞:アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞
舞台賞:トニー賞
音楽賞:グラミー賞(没後)
テレビ関連賞:エミー賞(没後)
 

 

 

英語がわからなくても、自分なりに、

映像から読み取れることを感じ、受け取ってみてください。

 

オードリー・ヘプバーン物語(出演: ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)





 



 



 



 



 

オードリーが出演した映画はこちらです。

 

ローマの休日



 

ティファニーで朝食を

歌も映画も、とても魅力的です。

 



 

オードリーヘップバーンの名言

 

オードリーの残した言葉は、

多くの人に今も愛されています。

 

いくつかご紹介したいと思います。

 

“Nothing is impossible, the word itself says ‘I’m possible’!”

不可能(インポッシブル)なものなんてないのよ。

その言葉が自体が言ってるもの、「’I’m possible’」私は可能だって。

 

 

I’ve been lucky. Opportunities don’t often come along. So, when they do, you have to grab them.

私はラッキーだったわ。

チャンスはそんなに度々やって来るものじゃないの。

だから現れたときは、ぎゅっと掴まないとね。

 

“For beautiful eyes, look for the good in others; for beautiful lips, speak only words of kindness; and for poise, walk with the knowledge that you are never alone.”

美しい目をするには、他人のいいところを見ること。

唇を美しくするには、優しい言葉しか喋らないこと。

心のバランスを保つには、決して独りじゃないという意識で歩くこと。

 

The most important thing is to enjoy your life ? to be happy ? it’s all that matters.

最も大切なことは自分の人生を楽しむことじゃない?

幸せになることじゃない?それだけよ。

 

 

 

“Let’s face it, a nice creamy chocolate cake does a lot for a lot of people; it does for me.”

現実を見ましょうよ。

とても美味しい、クリーミーなチョコレートケーキは、

たくさんの人にたくさんのものをもたらすわ。私にはそうよ。

 

 

You can tell more about a person by what he says about others than you can by what others say about him.

他の人がその人のことをなんと言っているかより、

その人が他の人のことをなんと言うのかで、

あなたはその人のことを、もっとよく知ることができるのよ。

 

“Remember, if you ever need a helping hand, it’s at the end of your arm.”

覚えておいて、もし助けの手が必要になったら、

それは自分の腕の先にあるからね。

 

As you grow older, you will discover that you have two hands, one for helping yourself, the other for helping others.

歳を取ると、自分には二つの手があるってことが分かるはずよ。

一つは自分を助けるための手、もう一つは他人を助けるための手。

 

If I get married, I want to be very married.

もし結婚するなら、ちゃんと結婚したい。

 

“I was born with an enormous need for affection, and a terrible need to give it.”

愛情へのとてつもない欲求と、

それを与える強い必要性を持って、私は生まれたのよ。

 

“The best thing to hold onto in life is each other.”

人生においてしっかりつかまえておきたい最高のものは、

「お互いの存在」。

 

When you have nobody you can make a cup of tea for, when nobody needs you, that’s when I think life is over.

あなたがお茶をいれてあげる人もいなくなった時、

誰もあなたのことを必要としなくなったとき、人生は終わりだと思う。

 
“I love people who make me laugh. I honestly think it’s the thing I like most, to laugh. It cures a multitude of ills. It’s probably the most important thing in a person.”

私のことを笑わせてくれる人が大好きなの。

本当に、笑うって私にとって、一番好きなことだと思うわ。

笑いはたくさんの病を治すわ。

人にとって、笑うことは、一番大切なことじゃないかしら。

 

 

“If I’m honest I have to tell you I still read fairy tales and I like them best of all.”

言っておくけれど、正直なところ、私ってまだおとぎ話を読むし、

なにより大好きなの。

 

 

いくつでも良いですので、あなた自身の言葉にしてください。

人生が変わっていきますから。

 

スポンサーリンク