photo by Natsuko Takehara

相手の立場に立って、 一歩先回りする

昨日は大杉神社の月例会でした。

12月はご祈祷や講和はなく、お掃除します。

 

各自が雑巾やバケツその他のお掃除道具を持ってきて、

社務所の裏のご祈祷の待合室や建物の内外の、

ガラスをお掃除しました。

 

誰がどこをやると決まっているわけでもなく、

誰かが仕切って、指示を出すわけでもなく、

始めるのも終わりにするのも、掃除の場所も

自分で決めていきます。

 

この日は、直会とは言わず、持ち寄りのおかずと、

神様の撤下げのお米でお昼をいただきました。

 


 

宮司さんの後ろに、何やら柱や台が

作られていました。

 


 

実は、お正月はたくさんの初詣の人が来て、

ご祈祷を申し込む人もとても多くて、

2つの待合室では足りず、こちらのお部屋も

待合室になるようです。

 

ご祈祷の時間まで待っている間、

その人達はすることが無い。

 

待ち時間に、お札やお守りを買いに行きたくても

外に出ると人がたくさん、売り場の前も長蛇の列。

 

そこに並んでからも買えるまで30分以上かかり、

ご祈祷の時間に間に合わなくなるそうなのです。

 

photo by Natsuko Takehara
 

それに気がついた宮司さんが、工事を頼み、

お部屋の中にお札やお守りが買える場所を

作っていたのです。

 


 

待ち時間にイライラしていたら、

せっかくのご祈祷もありがたくなくなりますものね。

 

わざわざ、1年の始まりを選んで、

ご祈祷を申し込む方たちの時間を大事にし、

待たせない工夫をしていたのでした。

 

相手目線で、相手の立場に立って、

一歩先回りする。

大事ですね。

スポンサーリンク