photo by Natsuko Takehara

ペイフォワードのご紹介

 

小西玲太朗さんの音楽に触れてみてください。

音楽にあまり触れたことが無いという方も、是非!

 

PAYFORWARD

 

小西さんの歌の歌詞、

スーパーインポーズの文字、言葉

 

それがあなたに響いてくれたらと思うんです。

 

自分に合わない音楽だからという言い訳じゃなくて、

私が勧めるんだから、じゃあ聴いてみようかなって。

 

 

繰り返し聴いてみて欲しい。

 

1回しか聴いてないのとは、全然違ってくるから。

意味が、根っこが、突然わかるようになる。

 

 

なぜ、私が聴いてみてくださいって、

お薦めしたのかわかると思うんです。

 

そうなった時に、小西さんの声に震えると思います。

 



 

今の世の中は便利だけれど、

便利な世界を作っている裏側には、

自分に見えていない世界がたくさんあります。

 

今の生活はそこそこなんだけれど、

不満もいっぱいあるっていう人は多いでしょうね。

 

会社が悪いとか、社会が悪いとか、政治が悪いとか・・・。

 

で、それを言って、何かが変わりますか?

あなたのまわりの、何も誰も変わらない!

 

あなたの潜在意識の中に、

言えば言うほど、マイナス思考が積もるだけ!

 

自分の脳に、言い訳や悪口を

言い聞かせてるだけだから。

 

 

 

小西さんが言う

 

「音楽じゃないと届かない人の範囲があって、

世の中を変えるには、

音楽ぐらいリーチできる人が多くないと無理だと思うんですよ。」

 

「お金を稼ぐというところに向かったエネルギーよりも、

夢を叶えるために、お金が必要だから、

お金を手にしなければいけない。」

 

「だからお金を手にしてやるっていうエネルギーの方が、

はるかにデカいっていうところがわかると思うんですよ。」

 



小西玲太朗 [ A-SIDE / B-SIDE ] – long ver はこちら

 

 

お金は夢を叶える道具なんです。

 

誰だって夢を叶えたいと思います。

世の中が良くなることを望まない人はいないでしょ。

 

夢を叶えたかったら、世の中を変えたかったら、

最初に自分が変わるしかないですよね。

 

あなたが変わることが、世の中が変わる第一歩。

人の誹謗中傷、社会の批判をしても世の中は変わらない。

 

みんなが変わることが、世の中が変わるっていうこと。

 

 

PAYFORWARD

 

恩送りという言い方もあるけど。

 

誰かから受けた親切をその人に返すだけじゃなくて、

自分も別の人に親切にしていくこと。

 

新しい親切でつないでいくこと。

 

ボランティアの活動を広げましょうと言うことじゃないんです。

 

 

自分が変わること、感謝の気持ちを行動にするのが、

 

PAYFORWARD