「田舎暮らし」カテゴリーアーカイブ

認知症のことをどのくらい知っていますか?

 

認知症について知っていますか

 

私のいる町でも、敬老のお祝いが行われました。
私は、時々認知症の知人の見守りをしていて、
このお祝いの会に連れ出すことにしました。

認知症は高齢者だけの病気ではありません。
認知症の前段階「軽度認知障害(MCI)」は、
65歳以上の人の15%と言われています。

つまり、50代ぐらいから発症している人もいるということです。

物忘れだけではなく、被害者意識も症状として出るみたいです。

日ごろから、嫌なことを誰かのせいにしていると、
MCIになっても気がつきません。

 

成年後見人制度

 

認知症のひとり暮らしの高齢者に法的な後見人を付けるのには、
親族を見つけて協力を依頼しないとできません。


法立上の親族でないと、お嫁さんとか、
先夫・先妻の家族にも、手続きができません。
本人が病気だという認識が無いので、
病院に行かせるのも、デイサービスに行かせるのも、
ヘルパーを家に入れるのも一苦労です。健康保険証や介護保険証もなくしてしまうし、
介護保険の継続手続きの郵便物もなくしてしまいます。

お金や物を無くすと、身近な人への被害者妄想が起こります。
それに気を付けて付き合わないと、盗られたと大騒ぎになります。

健康で要介護度が低いと、後見人は付けられません。
財産管理や病院へ入った時の支払いができません。

騙されて金品を奪われたり、変な契約を結んでしまっても、
本人に代わって誰かが何とかしてあげることができません。

大量の通販商品などを継続購入する契約をしても、
本人がどうしていいのかわからないと、
他人が契約をとめることもできません。

敬老会に連れていき、よそのグループホームから来てる方々と、
知人を一緒に座らせて、ホームの方に預けてきました。

後ろの席にいた数名の知人の知り合いが、
頭がおかしいと悪口を言っていたと言います。

これから地域が抱える大きな問題になることだとの認識は、
ありません。

国民の25%以上が高齢者で、地方では割合がもっと多いのです。

国は、地域の人口に合わせて施設の開設を許可しているため、
人口が少ない過疎の市町村には、施設はそれほど作れません。

しかも、厚生年金は、生活できるほどもらえないケースが多く、
普通のサラリーマンだった人だと、月当たり数万円~、
国民年金や農業者年金はもっと少ないみたいです。

施設に入るには月15,16万~20数万円です。

ひとり暮らしの認知症の方々の存在は、
将来の自分たちのことを考えると、
他人事ではない社会の問題となってきていると思います。

Photo by Natsuko Takehara

独身でも定年後に農的暮らしができる方法

定年帰農は甘くない

 

定年帰農という言葉が生まれてから、

ずいぶん経ちます。

 

都会で勤め、定年を迎えた後に、

田舎で、農業を楽しみながら暮らすというのが、

定年帰農です。

 

しかし、現実はそう甘くありません。

 

若いころからの体力作りもしておらず、

農作業の経験も栽培の経験もない人が、

60歳過ぎてから、農業をするのは、

そう簡単ではありません。

 

もともと、庭で野菜や果樹を育てていたとか、

農園や郊外の小さな畑でもやっていた経験があれば、

だいぶ違うと思いますが、全く経験がない人が、

頭で考えるほど、農作業は甘くありません。

 

田舎の高齢者と同じことをやれば、

すぐにバテるか、熱中症になるか、

体力の違いが、身体にこたえます。

 

農業にこだわらないで、手入れできる小さな面積で、

果樹が好きなら、庭に様々な果樹を植えて、

楽しむのはいいと思います。

 

それなら広めの庭付きの田舎の家も悪くありません。

 

やったこともないのに、定年後に農業をやろうと思って、

大きな計画を立てないことです。

 

自分の身の丈、能力に会う規模から考えて、

計画を立てて、移住したい土地に足を運びましょう。

 

 

サービス付高齢者住宅(サ高住)を利用する

 

 

Photo by Natsuko Takehara
サ―ビス付き高齢者住宅(サ高住)
※お問い合わせの際は武原の紹介と言うといいですよ。

 

私の町にも、隣近所の町にもあり、

東北などにも増えているサービス付高齢者住宅は、

高齢者のための賃貸住宅です。

 

老人ホームや介護施設と異なるのは、

自分のことは自分でできる、

比較的健康な高齢者向けの賃貸住宅であること。

 

賃貸契約と生活支援サービス契約をして、入居します。

 

食事や共同施設利用、見回りなどが、

生活支援サービスです。

 

お部屋は、通常ワンルームの個室で、

お風呂、ランドリー、食堂などは共同使用になります。

 

建物はマンションタイプ(ビル)、

平家タイプ、2階、3階建てなど様々です。

 

基本的に、自由に生活できますので、

入居した住宅の近くで、田畑を借りれば、

農業が楽しめます。

 

田舎では、サービス付高齢者住宅の所有者が、

農地を持っている事も多いので、

田畑や納屋、道具なども借りやすいわけです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

グループリビングやシェアハウスと変わらないですし、

1軒家を借りて住むより、格段に安いです。

 

敷金・礼金は、それぞれの住宅によります。

 

賃貸料を含め、月に15万円~の生活費なので、

都会の賃貸住宅やマンションに住むより、

生活費全般が安く済むと思います。

 

あわてて、田舎暮らしの家を見つけなくても、

このような住宅を利用して地域の様子を把握し、

先々住む家や畑を見つけるのも、良い方法です。

 

老後の田舎暮らしなら、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

古民家で田舎暮らしは、生きものが嫌いな人には地獄かも

古民家暮らしは生きものと同居

 

古民家で田舎暮らしは、生きものが嫌いな人には地獄かも、
というお話です。

 

私の住む家は築100年以上の農家のボロ家です。

玉石の上に柱が乗り、その上に家が乗り、
更にその上にかやぶき屋根が乗っています。

サッシは入っているものの、隙間だらけの家。

どこからとなく、蚊や羽虫が入ってきます。

 

そんな小さなものは、普通に入ってくるんですが、
大きなヤツも入ってきます?

 

どこから入ってくるのかは不明ですが、
屋根裏も光が見えるので・・・

 

この間は、トイレの床に緑の大きな芋虫が、
方向がわからないのか?行先に困っていたし、
お風呂場にアマガエルがいたこともあります。

 

どこから来たのかは不明です。

 

カナブンが家の中をブンブンと飛び始めることもあり、
大きなものでは、手のひらより体調が長いナナフシが、
畳の部屋を歩いていたこともあるんです。

 

dsc00096_r
 

今週の来客は、巨大なアシダカグモ。

 

ドアノブの大きさから、どれだけ大きいのかわかりますよね。

突然台所で、ぴょんぴょんと飛び出してきました。

 

毒はありません。

 

日本固有の気を付けたい毒グモは、カバキコマチグモぐらいです。

外来種のセアカゴケグモは毒がありますが、
最近は騒がれないですね。

 

 

基本的に私はクモを殺しません。

アシダカグモはゴキブリを狙っては家に入ってきたのでしょう。
今年はやけにゴキブリの進入が多かったから。

 

田んぼでも畑でも、クモは大活躍しています。
その写真は次の投稿をご覧くださいね。

 

ゴキブリぐらいで、ビビッていたら古民家に住み、
田舎暮らしを望むのは、やめたほうがいいですよ。

 

ヤモリは家守り

 

dsc00105_r
もう一人の台所の来客は、ヤモリでした。

夜は、網戸の外で、虫を捕食しています。

 

たまに家に入ってくるのですが、
猫らに、いたぶられるのですぐに外に出します。

 

ヤモリは田舎にしかいない?
いえいえ、都会にもたくさんいますよ。

気がつかない人が多いだけです。
住宅地やマンションの排水溝の中などに、
昼間ひっそり暮らしています。

ヤモリはトカゲの一種ですが、足の指に、
趾下薄板(しかはくばん)という毛のような器官があり、
吸盤みたいに壁に貼りついて登れます。

 

ヤモリは漢字で、守宮、家守と書きます。

 

外はコオロギの声が、にぎやかです。
電話をかけてきた人が、何の音?って言ってました。

晩夏の夜の来客紹介でした。

スポンサーリンク

廃鶏にされず我が家に来たニワトリの幸せ物語

ニワトリのばあの物語です

 

どうして我が家に来たのかは、動画の説明通りです。



ニワトリが来た当初は大変でした。


ご近所のガレージにウ〇チいっぱい落っことす。
漬物用に干してたよその家の野菜をつっつく。
庭先で育てていた野菜の苗を食っちゃった!

ご近所に、あやまって歩きました。

 

何が何でも、認めない、

処分しろというお宅もありました。

 


それでも、向かいの家の母ちゃんは嫌な顔もせず、
垣根の間の広い所に枝や棒を刺して、
ニワトリが垣根をくぐって来ないようにして、
垣根越しから、クズ野菜やくず米、魚の頭なんかを、
「ト、ト、ト・・・おいで~」と投げてくれています。



17羽もうちに持って来られちゃったけど、
どっか行って帰ってこなかったり、
イタチにやられたり、
車にひかれたり・・・
私の車の下敷きになったやつもいたの( ̄◇ ̄;)


4羽、2羽…

最後のが名無しの1羽。

 


いつの間にか、家畜ではなく、
ばあは、家族になり上がっていました。


「ハウス」と言うと、道路から庭へ、
庭から土間へ、入ります。
コミュニケーションできてしまう!

 


ニワトリは、1年かそこいらで廃鶏にされます。



トシをとれば、肉はゴムのように硬くなり、
お尻の始末も悪くなります。



最近のばあは、すぐに座り込んで居眠りします。


Youtubeにもと殺場やお肉の生産工場(家畜工場)が
いっぱいアップされてますよね。

と殺場に持ち込まれる家畜の40%に、
病理的変異が見られるというデータもあるんです。

多くの家畜の飼育現場が、生きものが育つ環境として、
よいわけではないですからね。

トラックで運ばれるだけで、けいれん起こす豚も多いそうです。
当然、肉質はその間に変異します。

ニワトリなんか、まさに工場生産。
卵もね。


採卵用の養鶏場の話はまたの機会に。



今日は、幸せな老後を送っている、ばあの物語でした。


 

 

スポンサーリンク