また、失敗したら教えてください

また、失敗したら教えてください。

 

こういわれたら、どう返しますか?

 

私ね、インターネットの活用方法は、

2年かかってやっとやっと、

わかってきたところなんです。

 

無料ブログとかも作りまくって、放置サイトも多いんですが、

かなり前に立ち上げた、外注で作った

放置サイト(ネットショップ)もあります。

 

外注なのにどうして、放置してるの?

お金がかかるじゃない?

 

実は、不耕起栽培の会を

私と一緒に辞めた農家の人達が、

資材などを購入できなくならないように、

維持しているサイトがあるんです。

 

不耕起栽培と無農薬の支援サイト

 

たまに飛び込み注文が来るの。

 

今日のお昼に突然来た電話。

支援サイトから見つけてきたんだね。

 

お昼ご飯を作っている最中・・・

1時間話に応じてしまいました。

 

 

9年前に取材に来た方で、

定年して故郷の中山間地にもどり、

不耕起栽培を始めたそうです。

 

1年間、長野まで不耕起栽培を

学びに行っていたそうです。

 

いろいろ話をしてわかったのは、

彼が学んだのは、

長野でいくつの資材を

どのくらいいつ入れるか?

などの、ノウハウと手順でした。

 

全く不耕起稲作りの基本はわかっていなくて、

必要もないEM菌とか乳酸菌とかを

いつ田んぼに入れるのかみたいな、

手順だけ覚えてきたようでした。

 

 

どうしてをそれを入れるの?

なぜそれが必要なの?と聞いても、

その方にはわからない、答えられません。

 

彼が9年前に感動した不耕起栽培では、

実践している農家の人たちも

使っていない資材です。

 

必要もない物を入れる

=物を買う?買うことを勧められた?

 

 

苗づくりのために

田んぼに土盛りをして(土を高く盛り上げて)

育苗箱を並べ、水を張って苗を育てたそうです。

 

どうして土盛りが必要だったの?

わからないそうです。

 

近所の人が、昔やっていたのが、

土を高くして、そこを苗代にしていた・・・

それを聞いて、やったそうです。

 

どうして、習ったところに聞かないの?

近所の人は不耕起栽培なんて知らないよね?

 

彼 ・・・・

 

 

結局1時間も話に捕まって

(お昼ご飯を作りかけてたのに~~)

わかったことは、長野の手順と時期、

使う物だけ覚えてきたってことでした。

 

1年やってうまくいかないのは、

教えてくれた人にとことん質問しないで、

不耕起栽培を知らない周りに聞いて

首降り農業をやっていたためでした。

 

 

全国に100の田んぼがあったら、

品種、土質、水条件、気象条件、

すべて異なるのです。

 

同じ手順はあり得ません。

最後に、

「また失敗したら、教えてもらえませんか?」

と言われました。

 

どうして失敗する前に、

どうすればいいのか、

失敗しない手順を教わろうっていう発想に

ならないのかなあ?

 

教わった所にとことん質問してから、

確信をもってやらないんだろうか?

 

田んぼをやる時の相手は稲。

相手は自然環境です。

 

日本では稲は、1年生の植物。

生きものなんです。

 

失敗したら、すぐに元の体には戻らないんです。

「また失敗したら、教えてもらえませんか?」

私には、その発想が良くわからないです。

 

スポンサーリンク