日本一高い米の生産者、戸邊秀治さん 戸邊農法とは? その2

日本一高いお米ってどうやって決まるの?

 

日本一のお米の値段は、どうやってきめているのでしょうか?

 

それ以前に、あなたが食べているお米の値段は、

誰がどうやって決めているのでしょうか?

 

一般的にの農家のお米は、農協か問屋が、

農家から直接買い取ります。

 

この価格を

農協渡し、問屋渡し、相対取引価格などといます。

 

このお米が、多くの場合、

スーパーなどの店頭に並ぶわけです。

 

 

 

産直や物産館、道の駅などで販売しているお米は、

農家が直接、お店に持ち込んで、

販売手数料や出品料を支払って販売しています。

 

 

米よしさんのように、農家から直接お米を仕入れて、

お米を売っているお米やさんもあります。

 

このように、現在では、

いろんなルートでお米が卸売りされています。

 

現在では、というのには理由があります。

それは、戸邊さんの取材の物語の後に説明しますね。

 

 

日本一高いお米の値段は、どうやって決めているのか?

 

 

実は、決めた人の基準で決めているのです。

 

つまり、日本一高い値段のお米は1つだけではない、

ということになります。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

米よしさんの場合は、

全国を歩いて見つけた美味しいお米の中で、

栽培方法や刈り取りの後のお米になるまでの方法、

そして、栽培している人の人柄を最も重視して、

社長の北川さんが選んで、値段も決めています。

 

米よしさんは、デパートの中に店を出しているので、

出店料もかかり、良いお米を見つけるために、

全国を歩く経費もありますから、

生産戸邊さんの卸価格は、18万円ではありません。

 

 

米よしさんの元には、全国からお米の売り込みが来ます。

 

自分も、自慢のお米を高く売ってもらいたいと考える、

農家の人たちが、売り込みに行くわけです。

 

 

しかし、取り扱いをしてもらえることは、

ほとんどありません。

 

それぐらい、米よしさんの基準は厳しいのです。

 

 

その厳しい基準の中で、毎年1番高い価格を、

付けてもらっていることが、

戸邊さんのお米のすごい所なんです。

 

お米の品質や味が、毎年安定して、

良くなっているからに違いないわけです。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

こだわりの米を自分で販売している農家の方が、

1kg5千円、1万円というような値段を付けることも可能です。

 

栽培の仕方や天日干しを売りにして値段を付ける人が、

多いように思います。

 

 

新潟のおみやげ屋さんには、

1㎏1万円をお米をおいてあることがありますが、

こちらも、おみやげ屋さんが目玉商品として、

値段を付けていると思います。

 

食味検査とは?

 

値段の付け方の基準として、

その年の新米の食味検査を行って、

数字が高いものを品質の良いお米とするので、

それに高い値段をつけることがあります。

 

 

 

食味検査は、成分量や水分量、粒の重量など、

お米の状態を食味計という機械で検査するものです。

 

最終的に、人が食べて食味を診断することもあります。

 

 

残念ながら、食味計という機械で数字が高く出ても、

必ずしも、お米が美味しいとか、

作り方が良いということにはなりません。

 

なぜなら、成分の計測で、

チッソが高ければ数字が低くなり、

アミロースが高ければ、

数字が高くなる傾向があるのです。

 

水分含量が多くても少なくても数値が変わります。

 

 

私も長い間、不耕起栽培農家の食味検査を、

独自の方法で行ってきました。

 

食味計で出て来た数字は、

商品化の行程の改善の目安や、

栽培方法の改善の指標にはなりますが、

味が数字に比例することはありませんでした。

 

複数の人と一緒に食べて食味を検査しても、

私が気がついた味の特徴を、

全員が気がつくとは限りませんでした。

 

 

お米のソムリエの資格を持っている人でさえ、

食味をしたときの感覚は、それぞれなのです。

 

お米のソムリエは、ワインのソムリエのように、

取得するのが難しい資格ではないので、

知識重視で、味覚を重視していないようです。

 

 

ですから、食味検査で95だ、98だと言っても、

検査の時の基準の設定も出て来る数字に関係し、

成分や水分の量も関係しますので、

ぬか喜びするほどのことではありません。

 

また、食味検査を毎年しても、

同じ人が毎年同じレベルの数字を、

出しているとは限りません。

 

昔、98の数字が出たと大喜びした人が、

私たちにお米を送ってくれましたが、

残念ながら、とてもおいしいとは言えませんでした。

 

乾燥度合いが機械の設定に合っており、

チッソが極端に少ないと、

アミロースの比率が上がるため、

そういうことが起こるのでしょう。

 

 

北川さんのように独自の基準で、

全国の良い米を食味し続ける中で、

毎年1番を付けて貰えるというのは、

素晴らしい評価ではないでしょうか。