台風被害を知っておう 二百十日は台風の日、農家の厄日だった

 

夏の天気と台風と

 

台風は二百十日、立春から210日目の9月1日が、

台風が襲来しやすい農家の厄日とされてきました。

 

私が子どもの頃は、

台風は秋になると来るものだと思っていました。

 

clouds-1439324_640
 

夏は入道雲が出て、夕方になると突然大空が曇り、

遠くから雨が迫ってきました。

 

夕立ちが毎日のようにあったんです。

 

子どもたちは、大慌てで、雨雲や雨が迫ってくるのから逃げ、

家に飛び込んだものでした。

 

夕立ちは、せいぜい1時間足らずで終わりました。

 

その後は、気持ちが良い風が、

窓から入ってきたものでした。

 

夏の終わりになると台風の発生がありました。

 

その頃になると、夕立もなくなり、

入道雲も見なくなったと思います。

 

Photo by Natsuko Takehara
 

 

近年の台風は発生期間が長くて巨大化している

 

近年の台風はと言えば、

6月ごろから発生し、

ひどい年は11月まで襲来します。

 

台風の発生が早くなったと同時に、

勢力も強く大きくなっています。

 

昔は本州には6月に梅雨に入り、7月にあけましたが、

近年は7月に梅雨に入り、8月ごろあけます。

 

6~7月に、梅雨が無かった北海道まで雨が続きます。

 

 

地球温暖化の影響とも言われますけど。

 

雨が多くなり、亜熱帯の気候にも似てきました。

 

winter-storm-58025_1280
 

 

雨の降り方も、ゲリラ豪雨が多くなりましたので、

これからの時代は、大雨や洪水、土砂災害に気をつけて、

住むところや田畑を選ぶ必要があると思います。

 

昔の田植えと稲刈り

 

昔は田植えの頃、梅雨時の雨の水を利用して、

田んぼに水が入ることを予定して田植えをし、

9月ごろから稲刈りが始まり、

刈り取った稲をはざがけしていました。

 

台風が来ると稲刈りが遅れるし、はざがけの杭が倒れたり、

干していた稲が飛ばされる被害を恐れていたのです。

 

 

水が多い所では、腰や胸まで水に浸かって、

舟を曳きながら稲刈りをしたそうです。

 

 

それでは、台風やお雨では、

とても稲刈りができませんよね。

 

 

だから、二百十日は農家の厄日だったわけです。

 

 

昭和に入り、稲作手法が大きく変化して、

関東以西の田植えは4月末~5月になりました。

 

ひと月以上、田植えが早くなった理由は、

前進栽培から三早栽培へと稲の栽培期間が、

前倒しできるようになったためです。

 

関東以西では、多くの場合、

4月末に田植えするのは早生稲、

5月に中生を田植えするわけです。

 

関東以西でも標高が高いところや、

春の気候が稲の生長に適すのが遅い地域では、

5月中旬~6月に田植えをするところもあります。

 

晩生を栽培している地域もあるので、

品種によっても田植えと稲刈り時期は違うんです。

 

多くの稲の品種は田植えから3カ月で収穫期を迎えるので、

今も関東以西では、昔から9月1日は稲刈りシーズン真っただ中です。

 

台風の被害とは

 

台風の被害といえば、雨と風によって、

稲が倒れることのように思いますよね。

 

確かに、稲が倒れてしまい、

地面にべったりと寝てしまうと、

稲刈り前の籾が泥にまみれて傷み、

腐ってしまったり、穂発芽して商品にならなくなってしみます。

 

しかし、海が近い地域では、

塩害というもっと深刻な被害が起こります。

 

台風が海水を巻き上げて陸に運び、

田んぼの稲全体が塩を含む雨や風で傷んでしまう現象です。

 

稲は塩に弱いため、茎や葉だけでなく根までが、

塩の影響をうけて、田んぼ全体の稲が枯れ上がります。

 

p1010003
 

地域一帯の稲が、塩害で収穫皆無になることもあるんです。

 

スポンサーリンク